CytoSorb-友人や敵!! | Rivoluzione

Sir,

Basuらによるケースレポート”多臓器機能不全を伴う敗血症性ショックを有する患者におけるアジュバント療法としてのサイトカイン除去のための新規血吸収装置の使用:ケーススタディ”を読んだ。 大きな関心を持って。

私たちは、集中治療室で同様の患者と私たちの経験を共有し、興味深い点のいくつかを議論したいと思います。

79歳の男性患者で、多臓器不全(慢性腎不全、急性呼吸窮迫症候群、動脈低血圧、眠気)を伴う重度の敗血症性ショック(urosepsis)、急性生理学および慢性健康評価(APACHE II)スコアは32であり、CytoSorb(CytoSorbents Corporation、USA)療法を開始し、100ml/分の流量でクエン酸塩中の持続的な低浸出透析(SLED)とともに、15時間で入院した。標準的な存続の敗血症の指針の処置と共に。

彼は、改善された血行力学的パラメータ、換気装置の必要性、尿量の増加によって反映されるように、3日間の細胞吸収血液吸収と6時間のそりで毎日改善した。 彼は治療の8日後にAPACHE IIスコアに改善し、インターロイキン-6(IL-6)レベルは1356.3pg/mlで始まり、26.12pg/mlに低下した。

しかし、彼はすべての進行中の支持療法にもかかわらず、5日目以降に臨床的に悪化し始めたので、細胞吸収療法で行われる免疫調節について考

CytoSorbには、血液が装置を通過するときにサイトカインを吸着する吸着性ポリマー髭が含まれています。 サイトカインの中には、IL-1、6、8および腫瘍壊死因子のような有害な前炎症性サイトカインはほとんどなく、IL-10および腫瘍成長因子-βのような有用な抗炎症性サイトカインはほとんどない。

それらの間で区別される細胞吸収の血液吸収を確認する必要がありますか? 本症例は有用な抗炎症性サイトカインの除去による免疫抑制により悪化したと考えられた。

したがって、おそらく無作為化比較試験は、重度の敗血症患者における血液吸収療法のリスク-便益比をチェックするために必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。