頭蓋内真皮嚢胞の異常なイメージング出現

ディスカッション

CTおよびMRイメージング出現(壁結節性増強および嚢胞性減衰/血液産物を示唆する信号強度)に基づいて、小脳血管腫、海綿状血管腫、または非定型皮膚嚢胞への出血が最も可能性の高い鑑別診断と考えられ、これらの病変すべてに対してイメージング出現が異常であることが理解された。 血管造影では、小脳血管芽細胞腫を効果的に排除し、これらの病変は事実上常に血管染色が延長された激しく血管過多の壁結節を有する(1)。

MR画像上の嚢胞内容物のシグナル強度は、亜急性出血または真皮に見られる脂肪または部分的に液化したコレステロールが豊富な物質と一致したが、壁結節の存在および正中線後後頭部真皮洞路の欠如(後窩真皮で特徴的に見られる)は、真皮嚢胞の可能性が低いように見えた(8)。 CTスキャンでは、dermoidsは通常脂質の内容に応じて-20から-140のHounsfieldの単位が付いている円形にされ、よく外接された、非常にhypodenseの損害、です。 それらは血管原性浮腫と関連することはなく、まれに水頭症を引き起こすだけである。 末梢被膜石灰化が頻繁である。 コントラスト投与後の増強はまれであるが、報告されている(1、8、9)。

MR画像では、dermoidsは通常、T1重み付け画像では高輝度ですが、T2重み付け試験では低輝度から高輝度に変化します。 再度、通常準のvasogenic浮腫または対照の強化がありません。 病変に毛が含まれている場合、蛇行性のhypointense要素が見られることがあります。 壁画石灰化は時々識別することができます。 CTおよびMR画像の両方で、嚢胞の破裂が起こった場合、くも膜下腔および心室系全体に脂肪密度液滴が見られることがある(1、8、9)。

CT検査で高張性病変として提示される皮膚は極めて稀であり、診断上の課題を提示している。 我々の知る限り、英語の文献で報告されているのは七つの症例のみであり、壁画結節を増強するものはなかった。 これらの症例のそれぞれにおいて、出血性腫瘍、血腫、または髄膜腫などの他の病変は、最初のCT画像所見に基づいてより可能性が高いと考えられた(2-7)。 MRイメージングでは、これらの病変の少なくとも一つは、t1-だけでなく、T2重み付け画像に著しくhypointenseだった、微小石灰化は、CTのhyperattenuation(7)のために責任があったこ 私たちの病変は、MR研究で一般的であるT1重み付け画像上で著しくhyperintenseだったが、hyperattenuationは事実上CTスキャンで見られることはありません。

興味深いことに、報告されているCTの過凝結性皮膚炎はすべて後窩で発生しており、これまでに上腹側に病変が同定されたことはありません。 私たちはこれについての病理学的説明を知らない。

病理学的には、CTスキャンで見られる過緊張は、脂質または角質化した破片の鹸化と、懸濁液中の二次的な微小石灰化(一部の病変では被膜沈着物とも見られる)、部分的に液化したコレステロール、高タンパク質含量、および以前の嚢胞内出血のエピソードに関連するヘモジデリンまたは鉄カルシウム複合体の組み合わせによるものと考えられている。 これは中胚葉起源のものであるので、脂肪自体はダーマイドには見出されないことに注意してください。 髪や汗や皮脂腺の分泌物の内訳製品は、脂質代謝産物(を含む油性流体になります8、10)。 嚢胞壁の切片はへん平上皮内層を示し,線維組織内に時折歪んだ毛様体単位を示した。 カルシウムの焦点沈着だけでなく、コレステロール裂け目の凝集体も認められた(図1F)。 やや歪んだ血管の鎖も一つのセクションに存在していました。 嚢胞性内容物にはケラチンが含まれており,毛幹残党が同定された。

要約すると、我々は、MR画像上の壁画結節内の増強の証拠を示し、病理学的に真皮嚢胞であることが証明されたCT高張後窩病変の症例を報告している。 これはイメージング機能のこれまで報告されていない組み合わせですが、別々にそれらは両方ともまれにこれらの病変に関連していると認識され、重要な差が除外された後は皮膚科の診断を妨げるべきではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。