深海研究

成果

政策ブリーフ2、深く掘り下げ:統合された研究を通じて深海の持続可能な管理を達成するにはどうすればよいですか? (十一月2015)

Position Paper22,Delving Deeper:Critical challenges for21st century deep sea research(September2015)

deep sea publication(September2015)

Background

深海は惑星地球の主要な居住可能な量を構成しています。 これは、地球上の生物多様性と地質資源の実質的なリポジトリを保持しています。 深海環境は、魚、工業用および医薬品用の化合物、鉱物資源などの直接供給から、惑星系の機能に不可欠なグローバルな生物地球化学サイクルや栄養サイクルの規制など、直接的には識別できないサービスまで、重要な商品やサービスを提供しています。 しかし、その3Dの複雑さ、巨大なサイズと遠隔性は、科学研究におけるまだ比較的小さな努力と相まって、深海の生態系はあまり理解されていない

我々は、深海における持続可能な開発と海洋の健康という目標を支援するために、予防的アプローチと相まって、生態系アプローチに基づく強力なビジョン さらに、欧州は、深海からの生物資源および鉱物資源の新たな開発、およびCO2隔離および堆積などの他の期待される活動に関連する最良の科学およ

目的

  • セクター横断的、学際的な対話を強化し、科学、産業、社会経済共同体の間の深海活動に関する将来のパートナーシップのためのプラットフォームを提
  • 深海研究における最近の成果、現在のインフラと研究能力を評価し、将来のヨーロッパの研究努力のためのギャップと優先順位(テーマ別および地理的)を特定する(国際的な努力の文脈において)。
  • 深海における主要な社会的機会を定義する(鉱業、生物資源抽出、CO2隔離など)。 そして、どのように深海研究は、専門的な知識を持つこれらの活動を知らせることができます。
  • は、社会的課題と機会に対処することができ、政策立案者が欧州および国レベルでの将来の研究課題を通知するために取り上げることができる、将来の欧州深海研究のための重要な勧告を定義する。
  • 深海研究が、海洋管理とガバナンスを知らせるための政策立案プロセスにタイムリーで有益な知識をどのように貢献できるかのメカニズムを提案する。
  • 深海の生態学的持続可能性に向けた生態系ベースのアプローチの適用のためのルールとガイダンスを提供し、影響評価のニーズを評価する。

関連活動

  • EMB Policy Brief launch–深海に関するPolicy Briefは、2015年11月にブリュッセルで開催された欧州委員会の明日の海に関するイベントで発表された。
  • EMB Position Paper launch-深海に関するPosition Paperは、2015年1月にポルトガルのアヴェイロで開催された国際深海生物学シンポジウムの公式サイドイベントで発売された。 プログラムについてはウェブサイトをご覧ください。
  • EMB深海投資に関するステークホルダー協議–2014年EMBは、深海研究に対する欧州および国家投資に関する協議を実施しました。 16カ国(欧州14カ国、国際2カ国)から合計103件の回答が寄せられました。 これらには、海洋研究コミュニティから83人(個々の研究者から80人、3つの資金提供機関)と産業界から20人が含まれていました。
  • EMB WG Deep Seas ChairはEurOCEAN2014で勧告案を発表しました-On8October2014,Wg Chair Prof. アレックス-ロジャースは、EurOCEAN2014で”青い成長アジェンダが深海研究のために意味するもの”をテーマに発表しました。 これには、2014年夏に実施された深海投資調査の概要を含む、現在の作業への参照と私たちの先見の明の活動からの推奨事項が含まれていました。
  • 欧州委員会(DG MARE)海底採掘に関する協議(2014)。 EMB応答

会議

  • 14-15 January2014,Brussels,Belgium
  • 24-25April,2014,Oxford,UK(plus external stakeholder event1)
  • 13-14November2014,Lisbon,Portugal(plus external stakeholder event2)

メンバー

  • 議長-Alex Rogers,University of Oxford,UK
  • Antje Boetius,Alfred Wegener Institute,Helmholtz Centre for Polar And Marine Research(AWI),Germany
  • Andy Brierley,University of St. Andrews,UK
  • Peter Croot,National University of Ireland,Galway,Ireland
  • Marina Cunha,University of Aveiro,Portugal
  • Roberto Danavaro,Polythecnic University of Marche,Italy
  • Colin Devey,GEOMAR Helmholtz Centre for Ocean Research Kiel,Germany
  • Andre freiwald,senckenberg institute,germany(withdrawed membership october2014)
  • Alf Haakon Hoel,Institute Of Marine Research(imr),Norway
  • Henry Ruhl,National Oceanography Institute(Noc),Uk
  • Pierre-Marie Sarradin,French Research Institute For For Marine Research Institute For French Research Institute For French Research Institute For French Research Institute For French Research Institute For French Research Institute For French Research Institute For French Research Institute For French Research Institute For French Research Institute For French Research Institute 海の探査(Ifremer),フランス
  • Seline Trevisanut,University of Utrecht,Netherlands
  • Helena Vieira,University of Lisbon-former at Bioalvo(SME),Portugal
  • Martin Visbeck,GEOMAR Helmholtz Centre for Ocean Research Kiel,Germany
  • Sybille van den Hove,MEDIAN SCP(中小企業)、スペイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。