強い顧客サービス文化を構築するための5つの重要な用語

優れた顧客サービスを提供することを目指しているすべての企業は、これに答える必要があります:強いサービス文化はありますか? 一つがなければ、顧客サービスは明確な戦略なしで漠然とした努力になります。 会社の目標を設定し、成功への明確なパスを確立するために定期的に従業員と係合することにより、会社は自然に優れた顧客体験につながる強力な ここでは、すべての企業が考慮すべき強力なサービス文化の中心にある5つの重要な用語があります。

コミュニケーション

すべてのブランドは、その使命を明確に伝える必要があります。 あなたのブランドはどんな価値を意味しますか? あなたは近い将来、遠い将来にどのような成果を達成したいと考えていますか? これらの信念を従業員に伝え、会話に従事させることは、成功したサービス文化を構築するために不可欠です。 また、従業員をやる気にさせ、何のために努力するかの明確なモデルを設定するために、ブランドの最大の顧客サービス体験の例を強調することも重要 あなたの従業員を促し、知らせるためにオフィスのまわりでポスターを通して、時事通信で、そして会合および訓練の会議の間に物語を展示しなさい。

明快さ

あなたのチームと通信するとき、明快さが鍵です。 あなたのブランドの目標は、従業員の行動がどのように優れたサービスにつながるかを示すために適切に概説されていますか? サービスプロセスは明確に概説されていますか? 従業員は自分の役割が何であるかを正確に知る必要があり、階層図は、サポートが必要なときに誰に向けるべきかを示すのに役立ちます。 さらに、明確化には、製品のリコールや特定のチャネルでの技術的な問題など、困難が発生したときに組織全体に通知することも含まれます。 このような情報をグローバルレベルで共有することで、すべての人に情報を提供し、従業員がこのような問題を解決するための最善の方法につい

教育

従業員を教育することは、顧客サービスの成功のためのツールを提供します。 複雑な状況のために事前にプロトコルを確立することで、エージェントが最善を尽くし、顧客を満足させることができます。 教育はまた進行中べきで、セミナー、トレーニング会議、情報の時事通信、および専門の開発の機会の形態を取るかもしれない。 あなたの従業員がより良い情報を得れば、サービスを提供するときに彼らがより自信を持っています。

アカウンタビリティ

責任あるブランドであることは、従業員が個人ベースで自分の仕事について責任を負うことを意味します。 すべての従業員は、彼らが最善を尽くすのを助けるために指導と経営支援と明確に役割を定義する必要があります。 従業員は、請求エラーが発生したときに顧客の割引を付与したり、チャットの遅延や不正確な応答を謝罪したりするなど、自分の間違いやより大きなサービ 即時の責任を取り、間違いを調整することは顧客の忠誠に必要である。 彼らの行動が強いサービス文化のためのすばらしい例を置くので従業員はまた優秀な性能のために報酬を与えられるべきである。

共感

人間のタッチは、常に顧客サービスに不可欠です。 共感を実践し、本物の人間のタッチを提供するための努力をするブランドは、忠実な顧客を獲得するだけでなく、ブランドの支持者も獲得します。 サービスエージェントは、顧客が自分の状況を説明し、彼らが値する尊敬とサポートを提供する時間を許可する必要があります。 友好的なけれども専門の調子を使用して必要であり、顧客の欲求不満に関してあなたのブランドの信任を再建できる。 共感はまた慈善か環境の原因の支持のような強制的なブランドメッセージを送ることを意味できる。 あなたのブランドの声がより強力であればあるほど、より多くの顧客が耳を傾けます。強いカスタマーサービス文化を造ることはあなたの従業員に明確な、一貫したメッセージを送り、有効なシステムと成功するためにそれらに権限を与 最高のカスタマーサービスを提供するために、クラウドベースのコンタクトセンターソフトウェアソリューションのグローバルリーダーであるVocalcomと、優れたカスタマーエク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。