モニタリングタスクにおける動的ディスプレイとの性能に対するデータ–インク比の影響の比較

本研究では、グラフの設計に対する推奨事項の動的グラフィックディスプレイの設計への適用性を検討した。 具体的には、データ–インク比(全インクに対するデータを示すインクの比)のレベルに関する推奨事項を試験した。 参加者は、高、中、および低データ–インク比に対応する三つの表示条件のいずれかで動的プロセス制御変数を監視しました。 範囲外の変数に対する応答の速度と状況認識のレベルを測定し、主観的な精神的作業負荷の側面を評価した。 結果は、非データインク削減の原則のためのいくつかのサポートを示した:範囲外のイベントへの反応時間は、最高のデータインク比条件のために最速で 反応時間は、おそらくこれらの条件が同じグラフィカル指定子に依存していたため、低および中のデータインク条件で類似していました。 状況認識のレベルはデータインク比の影響を示さなかったが、参加者はより頻繁に変化する変数のより良い意識を持っているように見えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。