スピード違反の危険性に関する研究論文

交通違反の最も一般的なタイプの一つは、運転中 公式の統計は、この事実を確認します:すべての事故やその他の交通事故のほぼ三分の一は、スピード違反のために発生しました。

スピード違反に直接関係する違反には二つのタイプがあります:

自動車の運転者は、道路標識に示されている道路の特定のストレッチの最大許容速度を超え、交通規制に違反します。

運転手は、道路上の状況に基づいて、許可されているよりも速く運転します。 この場合、交通警察官は運転手を罰することはできませんでしたが、道路上で危険な状況を作り出すという事実は、しばしば過失運転手にとって十分

残念ながら、多くのドライバーは、自分が運転する速度を客観的に評価しないことがよくあります。 道路上の多くの潜在的に危険な状況は、ドライバーによって安全または比較的安全であると評価されます。 ドライバーが交通状況を客観的に評価できない心理的な理由はいくつかあります。

いくつかのドライバーは、単に高速運転を愛しています。 彼らは速度を愛し、それが可能である時はいつでも促進している。 現代の車は本当に速く運転することができ、運転手に不快感を与えません。 高速で運転している間、運転者は運転のプロセスによって終了し、したがって彼を脅かす危険性を過小評価する。

また、現代のドライバーは、道路上の一定のストレスや様々な事故の数が多いことに慣れており、それを軽微な違反と考えてスピード違反を軽蔑していることがよくあります。

多くのドライバーは、多くの場合、軽微な交通違反を犯します。 したがって、時間の経過とともに、彼らは交通ルールに違反し、不注意になります。 普遍的に受け入れられている規則の違反から利益を得た後、人々は状況の肯定的な結果を信じるように、再びそれらを壊そうとするでしょう。 緊急事態を引き起こす可能性があることを知っていても、運転手はまだこの確率はごくわずかであると信じています。 残念なことに、あまりにも頻繁に、ドライバは、保存された数秒のために高い支払う必要があります。

時には、道路上のスピード違反の原因は、ドライバーの陳腐な欲求になり、彼らの運転技術を誇っています。 例えば、車輪の後ろに座っている若い男が、彼のガールフレンドに彼のスキルを実証しようとしているとき、しばしば状況があります”道路を征服する。”そしてその結果、速度を超え、それによって危険な状況を作成します)。

あなたの目的がスピード違反に関するまともな研究論文を書くことであれば、あなたの研究提案の本体を準備して構築する方法を学ぶために、トピ それはまた科学的な執筆の複雑なプロセスの指針として使用されるかもしれない。

実際にオンラインで利用可能な無料の研究論文のサンプルと例はすべて100%盗作されています! あなたがゼロから書かれたスピードの話題に関する高品質のカスタマイズされた研究論文が必要な場合は、オンラインでプロの学術作家を簡単に雇:

カスタマイズされた研究論文の詳細を読むにはここをクリック!

あなたはSmartWritingService研究論文サービスからスピード違反の危険性についての100%非盗作研究論文を取得します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。