ガイド付き骨再生で治療された歯科インプラント周辺の小さな頬の剥離欠陥を比較するランダム化比較臨床試験

目的: 本ランダム化比較臨床研究の目的は、小さな骨の裂開欠陥(≧5ミリメートル)が自発的にガイド骨再生(GBR)で治療欠陥と同じ臨床および放射線学的転帰を結

材料と方法:骨の裂開欠損が小さいインプラントを少なくとも一つ受けた二十から二人の患者が研究に登録されました。 欠陥の高さが≧5mmであった場合、部位は自発的治癒(SH)群またはGBR群のいずれかにランダムに割り当てられた。 S h群では,欠損は治療せずに残っていた。 GBR群では,インプラント周囲の欠損を脱蛋白化ウシ骨鉱物(DBBM)でグラフトし,天然コラーゲン膜で覆った。 臨床的およびx線測定は、インプラント配置後6ヶ月、再突入手術とクラウン挿入時、およびその後のフォローアップ予定の3、6、12および18ヶ月のロー 統計解析のために,混合線形モデルをインプラント周辺で観察された臨床およびx線測定に適用した。 二つの独立したグループにおける測定値の位置の簡単な比較は,Mann-Hhitney U検定を用いて行った。 さらに、混合モデルの仮定をチェックした。

結果:インプラントおよびクラウンの生存率は、負荷後18ヶ月で100%であり、重篤な生物学的または人工的な合併症は明らかにされなかった。 6ヶ月後のインプラントの配置と再突入手術の間の頬の垂直骨の高さの平均変化は、SH群の-0.17±1.79mm(最小-4mmと最大2.5mm)の小さな骨損失と1.79±2.24mm(最小-2。GBR群については、それぞれ5mmおよび最大5mm)である(P=0. 放射線測定は、SH群のための-0.39±0.49ミリメートルのわずかな骨損失と0.02±0.48ミリメートルGBR群のための18ヶ月後の安定した骨レベルを示した。 全てのインプラント周囲軟部組織パラメータは両群間に差のない健康な組織を示した。

結論:自発的治癒のために残された小さな骨の裂開欠損は、健康で安定した軟部組織で高いインプラント生存率を示した。 しかし、彼らはインプラント挿入後6ヶ月頬側面でより多くの垂直骨損失とgbrで治療されたサイトと比較して、クラウン挿入とロード後18ヶ月間のよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。