オーストラリアの慈善団体および非営利委員会

脆弱な人は、18歳未満の人々または自分自身の世話をすることができない、または害または搾取から身を守ることができないその他の個人と定義されています。

すべての人々は害から保護されなければなりませんが、脆弱な人々を保護するための追加の法的および倫理的考慮事項があります。 脆弱な人々には次のものがあります:

  • 子どもと高齢者
  • 知的または身体機能に障害のある人
  • 社会経済的背景の低い人
  • アボリジニまたはトーレス海峡諸島人
  • 現地語の母語話者ではない人
  • 識字または教育レベルの低い人
  • 強制労働、債務の束縛、人身売買、児童労働など、人間の搾取と制御を伴う現代奴隷制の対象となる人々。

脆弱性は一時的または進行中の可能性があります。 脆弱な人々は、慈善団体の受益者またはそのサービスのユーザーに限定されるものではありません。 彼らには、慈善団体のスタッフ、ボランティア、パートナーなどの第三者の人々を含めることができます。

様々な形の脆弱性を認識できることは重要であり、脆弱な人々を保護できるようにするための第一歩です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。